« 恩師との別れ | トップページ | 本好き »

手術

末っ子と長男のホクロ除去手術に行ってきました。

手術は昼過ぎの予約だったのですが、少しでも麻酔の痛みが軽くなるように

一時間前に薬を塗ってもらうため、朝10時前に家を出発。

病院まで電車で一時間...

できるだけ手術のことを考えないでいいように、

子供たちにはゲーム所持を許可。

電車の中や病院の待合室、少しでも時間がある時はゲームをさせていました。

それでも手術の時間がせまってくると、末っ子がビクビクし始めた。

怖いよね...

そして手術室へ

この先は、私の記録として書き残しておきます...

手術の様子は、耐えられそうな方だけどうぞ。

二人同時に別々のお医者さんに手術してもらう。

私は子供たちの手術台の間に座らされた。

切り取る部分の大きい末っ子から局所麻酔の注射が始まった。

私も手の指を車のドアに挟んでしまい、肉が削れてしまった時に

局所麻酔を経験したことがあるが、恐ろしく痛い。

大人だけど...大騒ぎした記憶があるsweat02

でも、末っ子に施されている注射は、私の時の比ではない。

範囲が広いから、何度も何度も針を刺し...

切除するホクロ全体にグリグリと、まるでなみ縫いでもしているかのように、

皮膚の下を針が移動するのが見える。

ごめんね...ごめんね...心の中で叫ぶ。

でも目をそむけては、痛みに泣きながらも耐えている末っ子に申し訳ない。

末っ子の涙を拭き、声をかけながら見守った。私も涙が止まらない...

最初から手を握ってあげていればよかった...

「痛いcrying」と泣く末っ子に手を差し伸べてみたが、

緊張からか、すでに体が硬直してしまって腕を動かすこともできない。

麻酔が終わるまでが、とても長く感じた。

気が付くと私と末っ子が泣いている間に、長男の麻酔は終わっていた。

長男の方は、切除部分も小さく、背中だったからか?

耐えられない痛みではなかったようだ。

さすが長男!よくがんばった!

麻酔の注射が終わり、ほどなく娘が泣き止む。

お医者さん 「良く頑張ったね!でもここからが大事だからちゃんと答えてねconfident

         ここは痛い?ここは痛くない?」

と、楊枝のようなもので皮膚をつつき、末っ子に確認をとっていた。

麻酔が効いていることを確認すると、すぐに切除が始まった。

さすがにメスが入る時は直視できなかった。

その間、長男の手術はどんどん進められていく。

気が付くと長男の手術はあっという間に終わり、縫合に入っていた。

私 「長男は大丈夫?」

長男 「うん。大丈夫だよ。」

末っ子のホクロ切除が終わる...

縦長のホクロの真ん中の部分が表面の皮膚だけではなく、

下の肉ごとなくなりパックリと口をあけている。

話には聞いていたけど、実際に見るとドキッとする。

本当に大丈夫なんだろうか?一気に不安が襲う。

血が出ている細い血管を電気を使って焼いていく...

ドラマで目にする手術の光景...

以前、長男が転んで額から大量出血した時を思い出す。

でもあの時は出血の量に驚き、パニックになった...。

救急車で病院へ行くと、お医者さんが

「額を切ると血がいっぱい出ちゃうからビックリしちゃうよね~」って

かる~く言ってたなsweat02 

その時は麻酔も無しでめり込んだ皮膚をピンセットでひっぱり出して...

ホッチキスでパチンパチンってsweat01 

長男も小さかったから大泣きしてたっけcoldsweats01

今回の手術中に一つ救われたのは、手術室のカーテンの向こうに、

大泣きして、必死で抵抗する3歳くらいの男の子がいたこと。

たぶんこれから全身麻酔で手術をするのだと思われるその子は、

手術前の患部写真を撮ることに抵抗していた。

カーテンの向こうから声だけが聞こえてくる。

おばあちゃん 「だから写真撮るだけだなの!もう泣かないの!pout

子供 「やだーー! やだーー!crying

大声で泣きじゃくり大暴れしている。

おばあちゃん 「ほら!もう終わった!」

子供 「わーーーんcrying

このあとおばあちゃんが何を言うかと思ったら

おばあちゃん 「もう泣かない!ほら!

          先生に写真撮ってくれてありがとって言いなさい!pout

子供 「さ..しん...とっ...てくれ...あり..あとweep

爆笑coldsweats01

こちら側で緊張していた長男と末っ子にも笑みがこぼれ、

緊張がほぐれた。

しかしおばあちゃん...子供にすごい要求するなぁ~coldsweats01

そうこうしているうちに末っ子の内部組織縫合が終わり、

先に手術が終わった長男は手術室の外へ

私 「末っ子の傷は見ないように外へ出なさい。」

長男 「う...うんsweat01

まだ開いている傷口を見たら、きっと夢に出てきてうなされる...。

順調に表面の皮膚も閉じられていき、やっと手術が終わった。

手術が終わってすぐに普通に歩きだす末っ子。

無事に終わってよかった...

麻酔が効いているから、痛みも全くない様子。

ケロッとしている二人を見て、胸をなでおろす。

お医者さん 「お母さん、切り取ったものはこれです。」

さっきまで、子供たちの一部だったものを見せられ目を伏せる。

長男は、約縦2㎝横1㎝

末っ子、約縦5㎝横2㎝

末っ子には一度で取りきらなかった外側部分、

幅1㎝長さ6㎝ほどになったホクロが残された。

一週間後に抜糸し、一年以上先になると思うが、再度手術しなければならない。

ただでさえ細い末っ子の太もも。

皮膚が引っ張られ、さらに細くなっている。

お医者さんの説明によると、傷口がケロイド状になる体質の人がいるという。

今後の経過を見て、二度目の術式を話し合って決めることになった。

傷跡の残り方は、手術よりも家庭でのケアが大事だという説明も受けた。

無理やりよせられた皮膚は元に戻ろうとする。

傷口が開くことは無いが、肉割れ線ができないように、

成長期の間は、できるだけテープなどで皮膚の補助をすること。

傷口は日焼けしやすかったり、色素沈着を起こしやすいので、

日焼け止めは必須らしい。

今回の傷は、次の手術で除去されるが、

二度目の術後の傷は一生残るので、

その時の練習と思って、今回の傷のケアを頑張ってみてくださいと言われました。

夏には毎年こんがりと日焼けする末っ子。

どこまで防御できるのか...

とりあえずやるだけやってみます。

帰り道、病院近くのビルの谷間に大きな桜の木が

Dscn2489

満開の桜からヒラヒラと落ちてくる花びらを追いかける末っ子と長男。

行きよりも足取りが軽いnote

本当に無事に終わって良かったconfident

|

« 恩師との別れ | トップページ | 本好き »

子供たち」カテゴリの記事

コメント

手術、無事に終わり何よりです。
末っ子ちゃん、我慢強いね!
私の同級生にも太ももに同じようにホクロがある子がいたよ。確か4,5年生の時に取ったのかな。夏や体育のときはサポーターをしていたよ。

投稿: sui | 2013年3月29日 (金) 21:48

>suiさん
なるほどね!サポーターか!
してくれるかな...?
長男も末っ子も我慢強くて私もビックリ!
私だったら暴れてるなcoldsweats01

投稿: mame | 2013年3月29日 (金) 22:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547439/57055710

この記事へのトラックバック一覧です: 手術:

« 恩師との別れ | トップページ | 本好き »