« 子連れ誕生会と盆踊り | トップページ | 三者面談とカフェエプロン »

パンツごっこと塾の面談

一昨日、末っ子の友達が泊まりに来る直前、

部活から帰ってシャワーを浴びた長女が、

疲れて下着姿のままソファーで半目を開けて昼寝をしていた。



私 「ねえ長女!もうすぐ末っ子の友達が来るから

   その格好...何とかしてくれない?」

長女 「...gawksleepy

私 「ねーえー!半目開いてるよ!coldsweats01 こわいよぉ~」

長女 「も~ しょうがないで...gawksleepy ムニャムニャ...」


おっ!ちょっと起きた!


私 「だ~か~ら~! 末っ子の友達が泊まりに来るから、

   ズボン履いてよ~coldsweats01 ビックリされちゃうよ!」



この時、半目は閉じたので、熟睡からは目覚めているけど

頭が機能していない状態の長女。

寝ぼけているのか?突然変なことを言い出す。



長女 「じゃぁ~あ~... ”パンツごっこ”しようよ...」

私 「はぁsign02 coldsweats02 何言ってんのsign02 sweat01 」

長女 「だからぁ~sleepy みんなで”パンツごっこ” ...」



”パンツごっこ” って...どんな遊びだよwobblysweat01



私 「 ”パンツごっこ” なんてしないよcatfacesweat02

   みんなでパンツで踊るの?

   寝ぼけてないで、ズボン履いてよ!

   末っ子がかわいそうでしょ!」

長女 「...catfacesleepy」 



まだニヤニヤと不敵な笑みながら寝てる長女...寝ぼけているらしい。

その後、しばらくしてやっと起きて着替えだした。



そんな長女が昨日、末っ子の友達が泊まりに来ているのを忘れて、

やはり同じく下着姿のまま、早朝、末っ子の部屋に入ってしまったらしいcatfacesweat02

その時、末っ子の友達はベッドの上で目が開いていたらしく、

まさに ”パンツごっこ” 状態の長女を一瞬見て固まり...

その後は、「見てはいけないものを見てしまったsweat01」という感じで、

どこか遠くを眺めていたとか...coldsweats01



まぁ、私も他人が見てないと、レギンスにタンクトップという

全身タイツ姿で洗濯物を干してたりするので、人の事は言えないけどねcatface



続きの前に応援クリックお願いします↓happy01

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

昨日、塾の面談に行ってきた。



本当は今頃、旦那の転勤が決まり、単身赴任を終えた旦那が

こちらに帰ってくる予定だったのに...

先週末、旦那から電話がかかってきた



旦那 「え~...転勤が無いことが確定しましたpaper 以上!」

私 「知ってるgawkannoy 」

旦那 「来年の3月は確実に帰れるはずだからcoldsweats01

私 「確実sign02 転勤は確実だろうけど、

   こっちに帰ってこれるかはわからないよねぇ?」

旦那 「いやいや!絶対に帰るよ!」

私 「でも3月じゃ、長女の受験終わってるしgawk

   別に帰ってこなくてもいいけど?」

旦那 「ハハハ...coldsweats01



なんて会話をした。

で、話は戻って面談。

旦那がいかにあてにならないかを思い知らされたので、

仕方なく私が長女の受験に、本格的に向き合う決意を固め、

塾の面談に行ってきたのであるcatface



長女に関しては、塾に言いくるめられないよう毅然とした態度で面談に挑んだ。

以下、かっこの中は私の心の声です。



塾講師 「良かったですねぇ~!今回のクラス分けでも特訓に残れましたね!」

私 「はいcatface  (別に塾のおかげではなく、長女が頑張ったからです) 」

塾講師 「どうですか?長女さんは家で勉強してますか?」

私 「そうですね...自ら机に向かって勉強してるように見えます。

   (ただ雑誌を眺めているだけかもしれませんが...) 

塾講師 「公立が第一志望でしたよね?

      3科はよくできているので、夏休みの夏期講習で、

      ネックになっている理社を鍛えていきたいと思います!」

私 「はいcatface

塾講師 「ぜひ、8月末にある難関公立対策のテストで受かってほしいです!」

私 「はいcatface 

   (受かるって...金をとるために、難関公立対策のクラスも4つくらいあって、
    どこかのクラスには引っかかるようになってるくせにannoy 

   でもこれ以上、親の私が”勉強しろ”ってことは言いません。

   彼女は彼女なりに頑張っているように見えますし、

   自分の事ですからpaper 

   彼女も良くわかっていると思います。」

塾講師 「はぁ...それと、最近ちょっと気になるところがありまして...

      長女さん、授業中に質問すると、即答で

      「わかりません!」って言うんですよcoldsweats01 

      もうちょっとじっくり考えてみてほしいかなぁ~って思います。」

私 「そうですかぁ~ 

  (長女らしいsmile わからないからわからないと言っているのでは?
  
  それのどこがいけないのだろう?わからないものを教えるのが講師の仕事では?
    
わからないのにわかったふりをするより、よっぽどいいじゃん!) 

塾講師 「まぁ、とにかくこのまま受験まで頑張っていただけたらと思います!」

私 「わかりましたpaper



と、長女の面談はこんな感じに終わった。

そして続けて長男の面談が始まる。担当講師が入ってきた。今度は女性だった。

ちなみに長男は3クラス( R1 > R2 > R3 )ある、真中の”R2”というクラス



塾講師 「今回のテストの成績からお話しさせていただきますね!

      まず...英語84点 これはR2の平均点なので、ごくごく平均ということです。」

私 「良かったですcoldsweats01

塾講師 「ただ...英単語がdown この間違いはちょっと...」



と言って、長男の解答用紙を見せてくれた。

前にも書いたが、長男のスペル間違いは半端ないsweat01

でも今回は、前回に比べたらスペル間違いは一か所!

teachr → e が抜けてる...正しくは teacher



塾講師 「こういう間違いをするのはちょっとダメですねぇthink

私 「ハハハcoldsweats01

   (えっsign02 1問だけじゃん!そんなに言う?それに、なんかこの人...威圧的だわcatface )

塾講師 「毎日、コツコツと学習するように指導してるんですけどねぇ~

      長男君、やっていらっしゃいますか?」

私 「やってないように見えます...

   (一応、宿題はやったの?くらいは聞くけど、部活で毎日忙しそうだし、
    1年のうちは、学校の勉強に置いて行かれなければいい程度でいいんじゃないの?) 」

塾講師 「次に数学が84点 これはR2の平均が67点なので素晴らしいです!」

私 「おぉ~happy01 

   (すごいじゃん!やればできるじゃん!) 

塾講師 「そして国語がですね...60点です。これは平均以下ですね...」

私 「はぁ...coldsweats01

   (塾は英数しかとってないから、国語のことを言われてもね...
    しかたないじゃん。でもこれはお決まりの言葉を言われるなcatface 」

塾講師 「国語が足を引っ張ってますね...

      まぁ、国語の授業を取ってらっしゃらないのであれですけど...

      英語と数学の点数だけなら、R1へ上がれるのにもったいない気がします。

      国語も通われてはどうでしょうか?」

私 「(ほらほら!やっぱりそうきた!)

   そもそも主人は1年から塾に通わせるのは反対でしてcoldsweats01

   でも私が、中学で始まる英語と、極端に難しくなる数学だけは、

   最初が肝心と思って通わせているので...

   それに、1年のうちは部活を頑張ってほしいと思っていますので、

   プラス国語という選択肢は...ないですねぇ~」

塾講師 「そうですかぁ~...国語も一夜漬けではダメな教科なんですけどねぇcatface

      受験は、もう視野に入れられてますか?」

私 「今は長女でいっぱいいっぱいですね...

   苦しんでいる姉を間近で見ているので、長男もわかってるとは思いますよ」

塾講師 「お姉さんは特訓クラスですよね!

      ぜひ、長男君にも頑張ってもらいたいです!」

私 「まぁ、おいおいでcoldsweats01

   (ほらね!やっぱり比べられるよね...長男もかわいそうにthink 」

塾講師 「夏休みなんですけど、夏期講習まで約1ヶ月、

      塾が無いですが、その間の勉強方法など、どうされる予定ですか?」

私 「とりあえずは部活優先で、あとは自宅学習ですかね...

   (ほら!またきた!次も営業トークだな!) 」

塾講師 「SS講習会は受けられないのでしょうか?」



SS講習会と言うのは、夏期講習までの空白期間にある特別授業=別料金sign01



私 「長女の時も受けさせなかったので...

   長男だけ行かせるわけにはいかないんですよぉ~

   行かせてもらえなかった長女が反対すると思います。

   (キターーーーー! そりゃ~あれもこれも行けば、少しは身になるかもしれないけど、
    考えてみてよ!中三の長女だけでも塾にいくら払ってると思う?どこまで搾り取るつもり?) 

塾講師 「そうですかぁ~...わかりました。

      では、英単語と国語の塾語、漢字を頑張るように言っておいてください!」

私 「はい。わかりましたpaper



ふぅ~dash やっと終わったcatfacesweat02



勉強なんて、親がやれって言ったところでやらないよ...

ただ、今頑張ることで、これから先、生きていくうえで色々な選択肢が増えると伝えている。

勉強がすべてではないけれど、出た大学が就職に大きな影響を与える。

ちなみに私は高卒。旦那は大卒。

中高と遊びほうけて、ろくに勉強もしなかった高卒の私が、社会に出て

給料という面で悔しい思いをしてきたことと、受験を乗り切ってきた旦那の経験を

子供たちに話して聞かせている。


「どちらを選択するのも、自分の自由だよ」と。


私は別に今の自分が嫌いではない。大学に行きたかったとも思っていない。

大学に行くと言う選択肢をくれなかった親も恨んでいない。

でも、子供たちには自分で選択してほしい。その選択肢を与えたい。



あとは、自分の努力次第だと...ね!

|

« 子連れ誕生会と盆踊り | トップページ | 三者面談とカフェエプロン »

子供たち」カテゴリの記事

コメント

長女ちゃんはパンツ気にしないのかな?
遠くを眺めるお友達、笑えますhappy02

しかし、塾は言いなりになってたら
どんどん吸い取られてしまいそうですねーsweat01

本人がどうしても必要とする事なら
仕方がないけど、
お金出して環境だけ与えて、それで成績が
上がる訳でもないし…

子供たちには意味を持って勉強してもらいたいですよね。

投稿: かおりん | 2013年7月17日 (水) 12:56

>かおりんさん
パンツ姿は気にならないようですcoldsweats01
長男がいても、気にせずパンツでウロウロ...
旦那が不在だからかな?
父親には、ものすごい敵対心を持っているので、
たぶん旦那が帰ってくれば、パンツごっこも無くなるかとcoldsweats01
塾は吸血鬼?ヒル?
本当に言いなりになっていたら、搾り取られるだけ搾り取られて親はカスカスwobbly
「お子さんの可能性をつぶさないで!」なんて言われると、すべて通わせてあげられない親が悪人のように思えてきます...。
だからうちは、子供にもお金の話をします。
親もできる限り(限界はありますが)頑張るから、授業を受けたいなら、それなりの意欲と実績で答えなさいとpaper
親の金にも底はある。それを知っておいてもらわないとね!

投稿: mame | 2013年7月17日 (水) 15:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547439/57803727

この記事へのトラックバック一覧です: パンツごっこと塾の面談:

« 子連れ誕生会と盆踊り | トップページ | 三者面談とカフェエプロン »