« 12月のイベント と 長女とのバトル | トップページ | ウールニットのストール と ぎっくり腰 »

険悪 と 事故

昨夜、いつものようにリビングで寝ていた私。

せっかく気持ちよく寝ていたのに...

夜中の1時過ぎに長女と旦那が電話で言い争う声で目が覚めた。



旦那 「どこを受けるつもりなんだよsign03

長女 「だからannoy 何度も同じこと聞かないでよsign03pout 

     バカじゃないのsign02



寝ぼけていたので大まかな話しか聞いてなかったけど

受験校のことで話をしている様子だった。

長女に 「パパと話をしなさい!」 とは言ったけど...喧嘩しろとは言ってないpaper



二人の話を聞いていると長女の理不尽な言い方や、

人の話を一度で聞こうとしない旦那の態度、

しかも夜中だと言うのに大声で罵り合って...

ましてや私の貴重な睡眠時間を妨害していることに無性に腹が立ったgawk



私 「いいかげんにしろーーーーsign03 pout 

   どうして長女はそんな言い方しかできないの?

   話し合いじゃなくて、ケンカをふっかけているようにしか聞こえない!

   パパも相手の話はちゃんと聞けよ!」



と...夜中だと言うのに私の激怒する声が一番大きく響き渡り...coldsweats01

長女の口調が、突然柔らかくなった。

その後、1時間近く二人は話していた。

一応の決着がついたらしいが...

私から再度、滑り止めの高校が、

長女と旦那が話し合った高校でいいのか長女に質問した。

なぜなら、滑り止め2校ともに、電車で一時間以上かかる場所にあったから。

最悪そこしか受からなかった場合、納得のいく学校なのか?

長女は資料でしか見ていない学校。滑り止めだからと言って、

そんな安易に決めて、3年間楽しく通えるのか?

もう一度考えるように言った。



すでに二時を過ぎていた...翌日も学校はある。

でもまぁ、そもそも夜中にそんな話をしなくてはいけない状況を作ったのは長女。

塾から10時には帰宅していたのに、スマホいじったり、TV見たり、ボケったり...

寝坊したって知らないよ~という感じ。



長女 「明日、起こしてpaper

私 「無理catface ママだって変な時間に起こされて、朝起きれる自信ない」




長女は寝かせたけれど、一度目が覚めてしまうとなかなか寝れない私。

溜りに溜まった受験の資料が高さ20㎝近くなっていたので整理することにした。

夜中にそんなことを始めると、学校からの手紙や書類...

色々気になり始めて、やっと整理し終わったのは明け方5時wobbly

そこから再び寝はじめる私(二度寝?)。起きれるわけがないsweat02



それでも末っ子が出かける時に髪を結わいたりするので起こされた。

当然その時に長女にも声をかけた。

そして三度寝

8:30過ぎに電話が鳴った。



私 「はっsweat01はい!」 完全に寝ぼけているsleepy

中学校 「○○中学校の○○ですが、長女さんがまだ学校に来ていませんが...」

私 「... (ここで我に返る) えっsign02 ちょっsweat01ちょっと待ってください!」



階段越しに叫ぶ私 



私 「ちょうじょーーーsign03 まだいるのーーーーsign02

長女 「わっsweat01 今何時sign02sweat01




げっ
sign03 ホントに、まだ家に居たwobbly ...とりあえず事情を説明



私 「すみませんsweat01 寝坊してしまったみたいでcoldsweats01

   すぐに学校に行かせますので!」

中学校 「わかりましたcoldsweats01



二階から不機嫌そうに降りてきた長女。

起こしてくれなかった私にイライラしながら支度をしている。



私 「ママは起こしたよgawk

長女 「ちゃんと起きるまで起こしてくれなきゃ意味が無いannoy

私 「それでも起きなかったのは、ママのせいじゃないよね?

   なんで長女にキレられなきゃいけないの?

   あなたが寝た後、変な時間に起こされたから寝れなくて、

   あなたのために受験の資料整理したり色々仕事してたの!

   それでも一応起こしたよね?」

長女 「あ゛ーーーーーgawkannoy ...頭痛いannoy




でた
sign03 困った時の必殺技... ”頭痛い攻撃”

何をするのかと思ったら、乱暴に薬箱を開け、薬を飲むと自室に戻って行った。



私 「え?どういうこと? 学校行かないわけ?」

長女 「あ゛~gawk

私 「いっつもそうだよね? もうママは知らないから!

   学校に行かないなら自分で連絡しなさいsign03 pout



と言いながら長女の部屋に行くと、昨日掃除したばかりの床に

また脱ぎ捨てた洗濯物がモッサリ...机はてんこ盛りgawk




ブチッ
annoy



私 「あんたは何度言ったらわかるのsign02

   昨日の反省は何sign02

   もう勝手にしなさいsign03 ママはあなたの事は一切何もしないことにするから!」



と言って、洗面所に脱ぎ捨ててあった長女の洗濯物を持ってきて、

長女の部屋にぶちまけた。



私 「必要以外はリビングに入ってこないでね!顔も見たくない!」



私がキレまくっている間、長女はベッドに入り布団にくるまった状態で無視。

私も長女が家に居ないものとして過ごした。

学校に電話しなさいと言ったのに、そのまま寝てしまった長女。

仕方なく学校に事情を説明。

そして家事を済ませ、ひとり分の昼ご飯を作り

昼頃に四度寝sleepy 小刻みに1~2時間位ずつしか寝ていなかったので睡魔が...

30分後、また電話で目が覚める。担任からだった。



担任 「長女さん、どんな具合ですか?」

私 「すみませんsweat01 一応、頭が痛いって言ってましたけど...

   精神的な物かもしれませんcoldsweats01

担任 「ハハハcoldsweats01 じゃあ今日はお休みですかねぇ?

     疲れがたまっていたのかもしれませんね!

     実は五時間目に係り決めをするんですけど、

     希望とかあるかなぁと思いまして、長女さんは電話に出られますか?」

私 「たぶんベッドで寝てると思いますけど...見てきますね!」



長女の部屋に行くと、昨日の夜更かしを取り戻すかのように爆睡中sleepy



私 「長女!先生から電話!でなさい!」



長女は、寝ぼけたまま先生と話をし...そしてまた寝たsleepy

私もまた五度寝sleepy

2時を過ぎたころ、人の気配を感じて目覚めると

長女がリビングでTVを見ながらカップ麺を食べていた。



私 「食べ終わったらリビングから出てって!」



長女は 「あ~」 と返事をし、何事も無かったかのようにTVを見ていた。

カップめんを食べ終わると、TV見たさから?今度はみかんを持ってきて食べ始めた。

学校を半分仮病で休んで、TVを見てるなんて許せなかった...



私 「みかんはここでなくても食べれるでしょgawkannoy

長女 「はいはいcatface



と言って長女は、しぶしぶ自室へ戻って行った。

ここ数日、長女との険悪な関係がものすごいストレス...

お腹もすいていないのに、イライラする度に口に何かを詰め込む私。

常にお腹がいっぱい状態wobbly



自分の進路...やっぱり自分で決めてほしい。

真剣に考えて、真剣に取り組んでほしい。

ただそれだけなのに...

親のせいにしたり、他人のせいにしたり。



中学生と言う、とってもめんどくさいお年頃に受験ってsweat01

ホントしんどいわぁ~



続きの前に応援クリックお願いします↓happy01

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

昨日は夕方5時半から長男のリハビリが入っていた。

遊びに出かけていた長男と末っ子に5時20分までに帰宅するように言ってあった。



なかなか帰ってこない末っ子にイライラしながら、

塾へ行く長女に夕飯の支度をしていると、末っ子から着信。



末っ子 「あのね!Aちゃんが車にぶつかっちゃってsweat01

      それで帰るのが遅くなっちゃってるの」



と言う末っ子の後ろで、数名の大人の声がする。



私 「Aちゃんのママは来てるの?」

末っ子 「来てる」

私 「Aちゃんは怪我してるの?救急車は?」

末っ子 「怪我はしてないみたい。」



私は末っ子の話から状況をこう読んだ。




”Aちゃんが車にぶつかったのを見た末っ子は、

 

 野次馬のごとくそこにいる”



私 「ママ、長男を病院まで送って行かなきゃいけないの。

   Aちゃんのお母さんが来てるなら、

   末っ子がそこに居てもやることないでしょ!帰ってきなさい!」



数分後に帰宅した末っ子は太ももを怪我していた。



私 「どうしたの?」

末っ子 「Aちゃんと自転車でぶつかったの」




あれ?どういうこと?

直後にAちゃんのお母さんから着信



お母さん 「末っ子ちゃん無事に帰った?」

私 「うん。帰ってきたよ!

   それよりAちゃんは怪我して無いの?大丈夫?」



と、ある程度事情を聞き電話を切った。そして末っ子に再度詳しく話を聞く。

末っ子から聞き出した話をまとめると...




二人は下りの坂道で自転車に乗っていて、

歩道の狭くなった部分で接触してしまった。

末っ子はその場に倒れ、お友達はコントロールを失い、

前の道路に駐車していた車にぶつかった。



だとすると...末っ子も事故の当事者じゃんwobblysweat01



ということで、とりあえず長男を病院まで送っていき、帰りに事故現場へ

すでに現場検証が終わり、被害にあわれた車の持主も帰るところだった。

Aちゃんのお母さんに、

「事情が分かってなくてごめんねsweat01末っ子にも非があるので賠償は折半で」 

と伝え帰宅した。



そして今朝、Aちゃんのお母さんから電話があり、保険を利用するので、

直接保険会社の人と話してほしいと言われ、

保険会社のおじさんと話をすることになった。



保険会社 「まずはご確認したいのですが、

        傷害保険などに入っていらっしゃいますか?」

私 「まだ詳しく調べてないんですけど、たぶん自動車保険に特約として

   つけているような...気がします。

   でも、自動車保険の保険料が等級が上がるなどで高くなるかもしれないので、

   保険を使うかはわかりませんけど。」

保険会社 「では、まず保険に入っているか調べていただきたいです。」

私 「ですから、まずは賠償金額が出てから保険を使うか判断したいので、

   相手の方と交渉していただいてからお返事させていただきます。」

保険会社 「そうではなくて、まずはどのような保険に入られているか調べてください」



なんで?うちが傷害保険に入っているかなんて関係なくね?

賠償金は折半で払うと言っているのに...なんなの?



私 「なんでですか?金額が出てからでよくないですか?」

保険会社 「実は、○○様(Aちゃん)が入られている弊社の保険は、

        示談交渉権が付いていないものでして...」

私 「示談交渉権ってなんですか?それが無いとどうなるんですか?

   相手が修理にかかる費用を請求してきて、それを支払えばいいのでは?」

保険会社 「対物なので、たいていの場合は示談に持ち込まれることは

        無いのですが、まれに相手が納得されない場合もございます。

        その場合、示談と言うことになるのですが、

        弊社では対応できないと言うことになります。」

私 「その場合は、当事者同士で解決と言うことですか?」

保険会社 「そうなりますね...

        ですので、△△様(私)がどのような保険に入られているか

        調べていただいて、もし示談交渉権のある保険でしたら、

        そちらを窓口にしていただきたいのです。」



何か感じ悪いわぁ~このおじさんgawk 上から目線な口調だし...

要は、うちの保険に頼りたいのね...



私 「保険を使うかどうかはわかりませんが、とりあえず調べろってことですね」

保険会社 「はい」



電話を切って調べてみるが...よくわからないcoldsweats01

とりあえず自動車保険会社の東京海上に電話して聞いてみた。

やっぱりかすかな記憶の通り、賠償保険特約を付けていることがわかり、

事故報告をした。

夕方、東京海上の担当者(お姉さん)から着信。



東京海上 「今回の事故の事で少しお伺いしますが...」



詳しい事故の様子を私のわかる範囲で説明した。



東京海上 「わかりました。保険が適用されますので対応させていただきます!」

私 「あの~ 今回の事故で保険を使うと自動車保険料は上がりますか?」

東京海上 「自動車事故ではないので、大丈夫ですよhappy01

私 「そうですか!よかったconfident

   で、同じく事故の加害者の保険が、示談交渉権が無い物らしくて...

   うちの保険は示談交渉権はついていますか?」

東京海上 「はい!示談交渉権もついておりますhappy01

        そういうことでしたら、弊社が窓口になりますのでご安心ください!」

私 「ありがとうございます!ではよろしくお願いいたします!」



テキパキと的確な回答で、なんて感じの良いお姉さんなのでしょうshine




きっと素敵な女性に違いないlovely 
←と、勝手な妄想をする私



一方的にうちの保険を使え!窓口になれ!と言ってきた

失礼な奴とは比べ物にならないgawk




きっと脂ぎっていて、無駄に偉そうな...

 

お腹の出た、小汚い中年オヤジに違いないgawk

↑またも勝手な妄想ですcoldsweats01



長男が小学生になる時に、”長男ならやっちまうかも?”と思い、

保険に入っておいてよかったsmile やっちまったのは末っ子だったが...

備えあれば憂いなしだわnote



ともあれ、最近は自転車と歩行者の事故など多いらしい。

先日、うんちくたれの中学校長が新聞記事を配布していたが、

相手を死なせてしまったり、重大な障害を負わせてしまったり...

賠償金は1億なんてこともザラらしい。

怖い怖いsweat01

賠償金も怖いけど、相手を死なせてしまうなんてことが起これば、

一生悔いても足りないだろうthink

子供たちには良い機会なので、自転車の乗り方、自分の力量を把握させるために

長々と話して聞かせた。

物を壊したり、怪我をさせたり...

保険に入っていて金銭的なリスクは回避できたとしても、

もしも被害者が死んでしまったら...

一度でも人の命を奪ってしまえば、たとえわざと出なかったとしても

一生かけて償っていかなければいけない事。

車も自転車も凶器だということ。

便利だけど、安全に使わなくてはいけない。



今回は、私も子供たちも良い勉強になりました。

あと、保険は質も大事だということ。

示談交渉権なんて見落としてしまいそうだけど、意外と重要なのね~think



自転車に乗る方は、ぜひ示談交渉権付の賠償保険に入ることをお勧めしますpaper

|

« 12月のイベント と 長女とのバトル | トップページ | ウールニットのストール と ぎっくり腰 »

子供たち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547439/58446276

この記事へのトラックバック一覧です: 険悪 と 事故:

« 12月のイベント と 長女とのバトル | トップページ | ウールニットのストール と ぎっくり腰 »