« 二者面談 | トップページ | やっと... »

懲りない男

それは我が家の長男...

いつまで経っても学習しないgawk 同じことを繰り返す。

ギリギリ、首の皮一枚で塾に残ってはいるが、予習復習することなく、

夏休みに入ってからもダラダラと、ただ...ただ塾に通っているだけ。



とりあえず ”そこ” は目を瞑るとしても、

許せないのは、塾に遅刻することpout



部活が長引いてしまって、どうしても間に合わないのは仕方ない。

でもそうではないのです。

毎日5時半から夏期講習が始まるのですが、

部活がある時は帰宅が6時ちょっと前。

そのまま急いで行っても塾に30分は遅刻してしまう。

なのに、まったく慌てる様子も無く

ちょっとだけダラダラするsweat02

そして6時15分くらいにやっと家を出る。



「ぜったいに塾は辞めたくない!

 夏期講習も行きたい!」



って言ったのは長男なのに...

なんで、ちょっとだけダラダラするのだろう?

ちなみに部活が午前練習の時は、塾に遅刻するはずはない。

それなのに、つい先日は...こんなことがあった。



私は美容院の予約があり、午後出かける予定だった。

なので長男が家を出るはずの5時頃には家に居ることができないので、

午前練習から帰った長男に



私 「絶対に遅刻しないように行きなさいよ!」



と何度も、何度も声をかけてから出かけた。

夕方6時過ぎに家に戻ると、なぜか長男の自転車がある。

まさか行ってないsign02coldsweats02 なんでsign02

玄関から大声で叫ぶ



私 「ちょうなーーーーんsign03pout 」



二階でバタバタと音がして、慌てて長男が降りてきた。



長男 「寝ちゃったwobblysweat01



長男が寝過ごして塾に遅刻したのは、これで何度目だろう?

もう数えきれない...

あまりに何度も同じことを繰り返すので、

旦那からも叱ってもらうことにした。

夜、長男が帰宅後、



私 「パパに電話しなさいannoy

長男 「え~sweat02

     明日の部活、午前練習だから...

     もう寝ないと起きられないgawk 」

私 「はぁ~sign02 

   たっぷりお昼寝しといて、”早く寝ないと”だぁ~sign02

   ふざけんなsign03 poutannoy 今すぐ電話しろpunch 」



長男がブツブツ文句を言いながら電話すると、

運悪く、旦那は接待中で応対ができない状況だった。

仕方なく長男は寝かせ、後から私が旦那へ報告した。



その日の夜中3時頃、”早く寝た”はずの長男が、

朝と勘違いして起きてきたcoldsweats02

そりゃそうだcatface たっぷりお昼寝して、夜も早く寝たら...

夜中に目が覚めちゃうよね?

寝ぼける長男に、「まだ夜中だから寝なさい!」と言って寝かせた。

翌朝8時過ぎ、顧問からの電話で起こされる私。



顧問 「長男君、まだ部活に来てませんけど...

     今日は何かありましたっけ?catfaceannoy

私 「えっsign02 まだ行ってませんか?sweat01

顧問 「はい。まだ来てませんgawk



玄関を確認すると、まだ長男の靴がある...。



私 「すみませんdespairsweat02 たぶんまだ家に居て寝てると...

   すぐに起こして行かせますsweat01 」



顧問との電話を切って、すぐに大声で長男を呼ぶと、

また二階でバタバタと音がして、不機嫌そうに長男が降りてきた。



私 「なんで早く寝たのに起きないのよsign03 pout 」

長男 「ママが夜、パパに電話しろなんて言うからだsign03 pout

私 「はぁ~sign02 何言ってんのsign02annoy

   昨日の電話に何分かかった?

   パパは接待中で5分も話してないよねぇ?」

長男 「それでもパパに電話して無かったら、もっと早く寝れたpoutannoy

私 「馬鹿じゃないのsign02 

   夜中の3時に起きてきたの誰よsign02

   昼寝たっぷりして、夜早く寝て、

   そりゃ夜中に目が覚めるよねsign02

   人のせいにしてんじゃねぇpunchpoutannoy 」



それでも長男は、ぜんぜん納得しない。

ものすごくふてくされた態度のまま部活へ。

そして昼ごろ長男帰宅。



私 「顧問に怒られた?」

長男 「あ゛~gawk

私 「起きれなかったのはママのせいじゃないよねぇ?

   わかってる?」

長男 「あ゛~gawk

私 「今日は塾に遅刻しないようにsign03

   ぜったいお昼寝しちゃだめだよsign03

   塾からの課題や学校の宿題を進めなさいよsign03

長男 「あ゛~gawk



昼ご飯を食べて自室にこもった長男。

嫌な予感がして30分後に覗いてみると...

案の定ベットに転がり、お菓子を食べながら本を読んでいた。



私 「あのさぁ~gawk

   ベットで横になってたら、また寝ちゃうよねぇ?

   それに...なんでベットで物を食べるわけ?annoy

   ふざけるなよannoyannoyannoy



長男慌てて飛び起きる。そしてとりあえず机に向かった。



私 「今日は絶対に遅刻しないでよsign03

長男 「...うんcatfacesweat02



私はこの時点でイライラの限界だったので、

塾ギリギリまで声をかけずにいた。

それでもやっぱり心配になり、5時に声をかけた。



私 「長男、起きてる?」

長男 「起きてるよgawk

私 「今日は遅刻しないように出なさいよ!」

長男 「わかってるgawk



家から駅前の塾まで、自転車で5分。

でも、

駐輪場に止めてお金払って、

エレベーターにのって、

塾入室カードをかざして、

教室の席に着くまで...

少なく見積もっても10分はかかる。

だから遅くても 5時20分 には家を出ないと間に合わない。

できればもう 5分 早く家を出て、

早めに着席して、小テストの勉強するとかしてほしい。

が...5時20分になっても、長男は出かける気配が無い。

それでもぐっと我慢、我慢catfaceannoy

グチグチ言われてから動き出すのではなく、

自分から動いて欲しい...

5時25分。今すぐでないと完全に遅刻する。

が...長男、まだ出かける気配なし。

5時27分。...もう限界gawk

長男に声をかけると、



長男 「今行こうと思ったんだよsign03 gawk 」



ブチッsign03annoy

ここ最近で一番ブチ切れた私。

こういう時、父親なら...ぶっ飛ばすだろう!

当然、父親代わりをしている私は長男を殴った。

長男はほぼ私と同じ身長。

女性としては腕力もがたいも良い私だけど、

”反撃されたら逆にやられる” という恐怖感もあった。

でも、どうしても長男の態度は許せない。

長女も反抗的な態度を取っていた中2時代

(今でもたいして変わらないけど)

でも、長女との決定的な違いは、

何に対しても中途半端なところ。

部活も、勉強も、ピアノも、負けん気も...

この時、長男は 「5分で間に合うんだpout」 と言い張り、

泣きながら私に抵抗した。

結局30分遅れで塾へ行き、帰ってきてから旦那も交え話し合った。

誰が聞いても長男の言い分は通らないのは明らか。

長い時間をかけて話して聞かせ、少しは長男も反省しただろうと...



思った私がバカだったdown 

あ~このセリフ...何度つぶやいただろうgawk



昨日は塾が休みだったので、

長男の夏休みの宿題の実験を手伝うことになっていた。

私も気持ちを切り替え、必要な材料を長男と一緒に調達。

でも夕方まで長男が部活だったので、実験を始めたのは夜8時ごろ。

17162

これは雪の結晶を作るという実験。

じわじわと出来ていくので、かなりの時間がかかる。

途中で衝撃が加わってしまい、失敗したり...

その他にも雲を作る実験をしたりで、夜11時を過ぎようとしていた。



私 「どうする?まだ続ける?

   後は1時間後に写真撮るだけならママが撮っとくよ。」

長男 「じゃあ眠いから寝ようかな...」

私 「明日、午前中のうちに実験のまとめ書きなさいよ!」

長男 「うん」



その後、家事をしたり写真を撮ったりしながら夜中まで動いていて、

やっと休憩。時間は夜中の2時。

静かにしていると、二階の音が気になる。

すでに寝ているはずの末っ子と長男。

たぶん起きているだろう長女。

でも、起きているのは長女だけのはずなのに、

物音が1人分ではないことに気づく。

何か嫌な予感がcatface



長男の部屋へ行ってみると...

長男、ベッドでゲームしながら起きてたcoldsweats02



もう、訳が分からないannoy

宿題の実験を母にお願いし、自分は夜中までゲーム。

呆れてものが言えない。



案の定、今朝は昼間近に起床。

実験のまとめなんてする様子も無く

逃げるように部活へ行った。



あいつはいったい何から逃げているつもりのだろう?

自分から逃げていることに、いつになったら気づくのか...

絶対に逃げ切れるはずないのにgawk

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

|

« 二者面談 | トップページ | やっと... »

子供たち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547439/60055205

この記事へのトラックバック一覧です: 懲りない男:

« 二者面談 | トップページ | やっと... »